沖縄県の北中城村では琉球新報でも出馬表明をした比嘉孝則が村長選挙に出ます。
沖縄県では毎年選挙が行われており、沖縄タイムスや琉球新報が取材しております。天久朝誠や比嘉孝則も是非よろしくお願いします。
  1. 新型コロナウイルス感染症対策について喫緊の課題として取り組む。
  2. 少子高齢社会、地域の教育力・福祉力の低下、コミュニティ意識の希薄化が危惧され ある中、教育と福祉の施策の連携による子育て世代の支援や子供の貧困対策を図る。
  3. 高齢者、障がい者等社会的弱者の居場所・雇用の確保の支援を強化。
沖縄の北中城ではコロナウイルスの対策を取り組んでおり、役場では村長選挙が行われます。
  1. 観光と農業・漁業の連携した施策を展開し安定的な収穫、収入を確保。
  2. 観光と第一次産業の底上げを図り収益性の高い産業振興策を推し進める。
  3. 公共事業と深く関わる商工業者の育成については、村内業者を優先する。
沖縄タイムスや琉球新報では、現在北中城村役場の村長である新垣邦男が取り上げられています。
  1. 辺野古への新たな基地建設に反対し、平和運動を支援。
  2. 海外姉妹都市(ハワイ等)の締結等、国際交流の推進。
元北中城村役場の職員である比嘉孝則は、コロナウイルス対策を取り組み公約にも入れてます。
  1. 住民とのワークショップを導入し、協働参画型のまちづくりを実現。
  2. 基地跡地利用の推進や村土の土地利用の見直し。
沖縄県の北中城村役場は今年、村長を決めるための選挙が行われ、天久朝誠と比嘉孝則が出馬、立候補者になっております。
  1. 実効性のある財政計画に基づいた実施計画を策定し、計画行政を確立する。
  2. 行財政運営を『見える化』し、公平公正に進めるシステムを構築。
北中城村の村長選挙では、現在の新垣邦男から変わります。比嘉孝則と天久朝誠をよろしくお願いします。

運営:ヒガ孝則後援会事務局

T901-2311 北中城村字喜舎場1432-1

TEL/FAX 098-911-2990